みさご珈琲塾の信念


美味しい珈琲はひとそれぞれですが、
その中で大事にしたい珈琲の考え方があります。
 
【珈琲の美味しさは掛け算】
 生豆においては、品種や育て方、収穫方法、精製方法、保管輸送方法、
 焙煎においては、選別作業、焙煎技法、冷却技法、保存方法、
 抽出においては、粉砕方法、器具の選定、温度管理、抽出提供方法など
 様々な要因が重なって、珈琲の味を決定しています。
 みさご珈琲では、わかりやすく以下の公式を
 講座、教室などでお伝えしています。

 生豆の質 × 焙煎技術 × 抽出技術 = 珈琲の美味しさ

【毎日飲む珈琲は、安心安全であること】
 珈琲好きの方は特に毎日飲まれることも多いと思います。
 かなりの珈琲成分を摂取することになりますが、
 珈琲は、ガンに効くと考えられている、
 カフェイン、ポリフェノールの作用や
 気持ちを落ち着ける香り成分など広く良い面が知られています。
 ただし、もちろん悪い面もあると考えられています。
 オクラトキシンと呼ばれる焙煎してもほぼ分解しないカビ毒を始め、
 大量に飲むことで、薬理作用の高い、カフェインなどが
 逆の健康に良くない作用を持つこともあります。
 カビ毒の心配がなく、一杯でも深く染み入る甘みのある珈琲
 をみさご珈琲ではお届けするようにしています。

【日々変わる珈琲の味を楽しむ】
 珈琲豆は焙煎してから日々表情を変えていきます。
 焼いてすぐに美味しい珈琲豆、一ヶ月近く経ってから
 美味しい珈琲豆など、その様子も様々です。
 みさご珈琲では、その表情を楽しんでいただくために
 常温暗所での保存をお勧めしています。
 是非日ごとに熟成していく珈琲の味をお楽しみください。

【美味しさの基準はあくまでもあなた自身の気持ちから】
 珈琲の美味しさは個人差や体調、心理状態でも変わってくるものです。
 そんな中で、誰もが美味しい珈琲を追求するのは、大変難しいことですが
 一人一人の意見を伺いながら、味わいをチューニングしていく工程も
 とても楽しいものです。
 ただ一つ、珈琲塾で必ず実現してほしいことがあります。
 それは、あなた自身で、あなたが望む珈琲を生み出せるようになることです。
 珈琲を一つのツールとして、時には音楽のように、時には絵画のように
 自由に生み出せる香りと味の作品を作り出してほしいと、珈琲塾では
 常に考えています。