2017-01-15 タイの珈琲農園視察報告会をやります!なお、珈琲飲み放題。


こんにちは。
みさご珈琲の向井務です。

今日からお子さんが学校の始業式の方も多いかと思いますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

珈琲塾は今年、大きく舵を切りなおして、
実際の焙煎などを体験していただくなどの内容はそのままに
より入り口の入りやすい講座やセミナー、座談会を行ってまいります。

その第一弾が、タイコーヒーの農園視察メンバによる報告会です。

コーヒーの木を生で見ることも、楽しいことですし、農園主の方と
コーヒーのお話をすることも、タイチェンマイ付近の街のコーヒーや
食事、文化に触れることも、すべてが興味深く、心が喜ぶ旅でした。

そのなかで、日本が昔持っていた優しい気持ちや穏やかな気持ちというものが
タイの下町を歩くと再発見できることもあります。

私は二回目でしたが、今回同行していただいた、コーヒーの先生お二人と
チェンマイに降り立った時に出た言葉は、「日本の昭和の雰囲気」でした。

その後、怒涛の5日間を過ごすわけですが、少しずつですが、世界に向けた
興味の入り口が、ずずずっと開いていくわけです。

タイにいるのに、インドネシアバリ、コスタリカ、シンガポール、台湾、
マレーシア、日本のコーヒーの情報が様々に飛び交い、言語もタイ語、
英語、ドイツ語、日本語の応酬を繰り返すのでした。

私は、言葉がわかりません。日本語も怪しいと思っていますが、
コーヒーの話題って伝えるのが難しいですが、用語がわかりやすいので
「用語」と「何か」でいろいろお話できるわけです。
相手の言葉も、自然と、チカチカと、灯台の光のように頭のなかに入ってきます。

珈琲塾をやっていて思うのですが、珈琲はやはり、文化や言語だと感じます。
共通の文化、共通の言語、きっちり伝える必要はないです、
大まかに伝えることができたり、伝えてもらうことができるのは、
なんと素晴らしいことでしょうか!

鎖国時の日本、少しずつ異国の言葉が「外来語」として伝わってきましたが、
これほど昔から用語として培われ、今も磨きがかかっているのは、
珈琲の特徴じゃないかなと思います。

これから日本の嗜好性や、経済的、文化的な部分がどこに行くのかはわかりません。
でも、珈琲という言語を足場にして、いろんな世界を楽しむのも、
旅としては良いのではないでしょうか?

次はタイと台湾、そしてバリが候補に挙がっています。
タイコーヒージャーニーの報告会とその後の動きについて
ご期待ください!


2016年のコーヒー農園視察のための2度のタイ渡航について、実際のコーヒーを飲みながら座談会を開催させていただきます。

特にタイコーヒーの現状とその周辺地域東南アジアへの期待感、世界的な精製方法、品種などの情報について噛み砕いてお伝えしていきたいと思います。当日は、2017年のタイを初めとしたコーヒー農園視察、海外市場視察の計画についてもお話できればしていきます。
基本フリートークセッションになりますので、好きなことを聞いて、お話してください。
もちろん、焙煎したい方は、横でしていただいても結構です^^

日時:2017年1月15日(日) 15時〜18時
場所:みさご珈琲山本丸橋店
参加費:1000円
持ち物:マイカップ、筆記用具

コメントを残す