高い所で淹れて飲む珈琲


こんばんは。
みさご珈琲の焙煎士 向井務です。

先日、能勢地黄に来られていた
「山ガール先輩」こと、小林千穂さんに
珈琲を飲んでいただく機会をいただきました。
貴重なお時間いただきありがとうございました^^
※ご紹介いただいたハッピーウォークの益田さん、
大きな樹の皆様、ありがとうございます。

雰囲気がとてもかっこいい方で、
早速単行本を一冊Amazonで注文しました笑

私はあまり高い山に行かないのですが、
以前、焼岳の山頂で珈琲を淹れさせて
いただいたことがあります。

今日は高い所で淹れて飲むドリップ珈琲について、
気をつけていたことをお話ししてみたいと思います。

高い所での珈琲ですが、まずは気温が低いこと、
気圧が低いことが一番要素として大きいと思います。
※今回は携行性は無視します。

高い所で、平地のように珈琲を入れると、
基本的には、酸味が強く出たり、味が出にくかったりします。

これは、若干ですが、沸点が下がったり、
ドリッパーの熱が奪われたりすることで、
味が普通に出てこないためです。

では、一つ一つ紐解いていきます。

持っていく豆について

味や香りを重視したい、珈琲を挽く行為が好きという方は
もちろんミルを持っていくべきかと思います。
耐久性や、清掃のしやすさ、サイズなどから考えると
オススメは「ポーレックス」のハンドミルです。(大小あります)

正直、ミルを持っていくのがめんどくさいという方もいると
思いますし、良いミルをお持ちの方は、
現地で挽くより香りがいい場合もあります。
そんな時は、粉の状態で持ち運ぶのも一手です。

ただ、粉にしておくと膨らみにくいので、
山頂で豆を大いに膨らませたいという方は
新鮮な豆を挽いて、乾燥剤を淹れて、
密閉して持ち歩いて下さい。

焙煎豆の味や焙煎度合いは、好みよりやや苦目のものが
いいと思います。焙煎度合いを単純に一段階深くしたり、
ちょっとコクの多い高価な豆を持っていくと
感動もひとしおです。

現地での淹れ方について

さて、現地での淹れ方ですが、一番注意したいのは、
気温が低いこと、風による、抽出時の温度低下です。

折角の珈琲もぬるくなってしまってはもったいないですし、
何より抽出時に外気温で冷やされると
あまり良くない渋みが出る原因になります。

できれば、保温性の高いポット(あるいはクッカーなど)を
使用して湯をため注ぎ、ドリッパーも陶器あるいは厚めの
プラスティックのドリッパーを使用し、サーバーも断熱カップ
などを使用して外気温や風からの影響を防ぎましょう。

屋外ですとドリッパー下部と、サーバーの隙間もあまりない方が
味が安定します。ドリップされた珈琲が、下に落ちる間に
冷やされると、渋みや期待しない酸味の原因になるためです。

もちろん、抽出時は100度に近いお湯を使わず、
好みにもよりますが、平地と同じく85度前後で、
好みになる温度帯に湯温を調整してください。

++++++++

持ち運びや、後片付けなど考えると、ドリッパーの持ち運びは
現実的ではないかもしれません。
※他には、携行性重視でバネットなどがあるのですが、
保温性の面でバネットはNGになる部分もあります。

最近では、ドリップバッグ珈琲を持ち歩く方も良く見かけますね。

OUTDOOR COFFEE FREAKというFacebookの公開ページがあり
拝見していますが、皆さん様々な淹れ方、楽しみ方で
見ていて楽しいです^^

今回は、味最重視での内容でしたが、普段使わない器具で
自由に淹れるのも山の珈琲の醍醐味かなと思ったりします。

コメントを残す