SCAJコーヒーマイスターとみさご認定珈琲マスターの違い&マスター講座追加募集


おはようございます。
みさご珈琲の向井務です。

突然ですが、珈琲マスター講座の追加募集をさせて頂きます。

【第5期珈琲マスター講座】
場所は、西大橋アンポポ食堂さん
日時は、第1第3火曜日午後
状況は、ほぼ満席(6名)で次回、第7回

【第6期珈琲マスター講座】
場所は、みさご珈琲能勢工房
日時は、第1第3木曜日午後
状況は、マンツーマン(1名)で次回、第3回

【第7期珈琲マスター講座】
場所は、川西ゆめほたるさん
日時は、第2第4日曜日午前
状況は、ほぼ満席(9名)で次回、第3回

【第8期珈琲マスター講座】
場所は、みさご珈琲能勢工房(川西駅からの送迎有り)
日時は、短期集中1/22、1/29、2/12の10時〜17時
状況は、マンツーマン(1名)で次回、第1回

※お問い合わせは、みさご珈琲まで
(09076940335 or cafe335@amail.plala.or.jp)
この内、第8期の開催が急遽決まりました。
第22期コーヒーマイスターの募集も3月から始まりますので、
タイミング的には良いかもしれませんね^^

ちなみに、SCAJ認定コーヒーマイスターと
みさご珈琲認定珈琲マスターの違いは以下の通りです。

【SCAJ認定コーヒーマイスター】
・良い点
→一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会の認定資格で
団体として、非常にしっかりとした母体であること。

→出題範囲が適度に広く、実技試験がないため、
知識が効率よく身に付き、様々な業種業態に適応しやすい。

→スクーリングが一回のみで、テキストでの自習形式。

・悪い点
→試験自体が座学メインのため、カフェ開業や資格自体の
ビジネス有意性は少ない。

→スクーリングが一回のみのため、同期間の交流が少ない。

→実質的な焙煎のスキルはほとんど身に付かない。
※専門性については、上級資格のアドバンスドで
ある程度、補填されています。

【みさご珈琲認定珈琲マスター】
・良い点
→全講義で焙煎と抽出を行うため、
審美眼や実技スキルがつきやすい。

→同期生、卒業生間でサロン交流が有るため、
珈琲に関する技術、情報の交換はもちろん
ビジネス的な成功例、失敗例を生の声で聞くことができる。

→焙煎に関するスキル、環境構築、経験が身に付くため、
ロースターとしてのビジネスを構築しやすい。

・悪い点
→認定団体が、普通の珈琲屋であること。

→全てスクーリングのため、通学に苦労すること。

→同期メンバの方向性によって、学習範囲が有る程度
(いや、かなり)偏ることがある。

と、赤裸々に書いてみました。
SCAJとは基本的な考え方が違うかもしれませんので
比べるのもどうかと思いますが、
やはり得るものが大きく異なるのが現状です。

正直な所、珈琲マスターを受けてから
マイスターを取って頂ければ、簡単かなと思います^^

main1

コメントを残す