二月の珈琲講座のお知らせ

おはようございます。
二月の珈琲講座のご案内をさせていただきます。

+++++++++

【焙煎体験&淹れ方講座】

 第六回:2017/2/16 木 1400-1600
 第七回:2017/2/19 日 1400-1600

 「小型焙煎機を使った焙煎体験」と
 「美味しい珈琲の淹れ方」をお伝えします。
 ご自分で好きな銘柄を焼き、飲み比べながら
 好みの豆と淹れ方を模索してみてください。

 ご家族での参加もお待ちしております。

 ワークショップの内容は以下の通りです。
 1.珈琲の銘柄、焙煎のレクチャします
 2.豆を選んでいただき、焙煎を実践
 3.皆で淹れ方を学んで、淹れてみましょう
 4.何回でも淹れ方を実践しながら、
   アドバイスさせていただきます

 焙煎体験で焙煎していただいた豆を400g
 お持ち帰りいただけます。使用できる銘柄は、
 約20銘柄です。ブレンドも可能です。

 定員:各6名
 開催場所:みさご珈琲 宝塚山本丸橋店
 講座料:2900円(材料費込み、お土産あり)
 参加いただく際の持ち物: ・マイカップ ・筆記用具

 ご予約・お問い合わせ:FBページ、みさご珈琲店頭かお電話(090-7694-0335)で。

+++++++++

【淹れ方講座】

 第三回:2017/2/21 火 1000-1200

 ご自宅で美味しい珈琲を入れていただくための
 誰でもできる「珈琲の淹れ方」をお伝えします。
 店頭の豆からお好みの珈琲を選んでいただいて
 何度でも練習していただけます。
 ご家族での参加もお待ちしております。

 ワークショップの内容は以下の通りです。
 1.珈琲の銘柄、淹れ方のレクチャします。
 2.講師が淹れ方をお見せします。
 3.淹れ方を実践していただきます。
 4.何回でも淹れ方を実践しながら、
   アドバイスさせていただきます。

 ご自宅での練習用に豆を200gプレゼントいたします。
 使用できる銘柄は、約5銘柄です。ブレンドも可能です。

 定員:各4名
 開催場所:みさご珈琲 宝塚山本丸橋店
 講座料:2500円(材料費込み、お土産あり)
 参加いただく際の持ち物: ・マイカップ ・筆記用具

 ご予約・お問い合わせ:FBページ、みさご珈琲店頭かお電話(090-7694-0335)で。

+++++++++

【ゆめほたる講座】
 
 個人のレベルに合わせた手網焙煎講座
 開催日時:2017/2/21 火 1000-1200
 定員:各12名
 受講料:500円(材料費1000円)
 開催場所:ゆめほたる(川西市)
      兵庫県川西市国崎字小路13番地 Tel:072-735-7282

 お申し込みはこちらから↓
 https://www.kunisakicc.jp/news/seminar/detail/266

+++++++++

【三和建設さん外部ワークショップ】
 2017/02/11 土 1000-1200
 バレンタインデー直前!手描きデザインパッケージで
 ブレンド珈琲とホットチョコを作るワークショップ

 定員12名。参加費1000円。
 お申し込みは0120(308)114 または
 申込みフォーム http://sanwa-rc.com/img/event.pdf からどうぞ。

 三和建設RCホームページ → http://sanwa-rc.com/

+++++++++

【珈琲マスタークラス】
 新第1期 第9回  2017/02/05(日) 抽出応用1
 第13期 修了式 2017/02/16(木) 修了検定と試飲会(一般参加可能)
 新第1期 第10回 2017/02/19(日) ブレンド応用 生豆応用2

 開催場所:みさご珈琲 宝塚山本丸橋店

 次回第二期(木曜クラス)、第三期(日曜クラス)は4月開講予定です。

+++++++++

【第1期菊炭珈琲焙煎マスタークラス】
 第5回  2017/02/14(火) 抽出基礎2
 第6回  2017/02/28(火) ブレンド基礎

 開催場所:みさご珈琲 宝塚山本丸橋店

+++++++++

受講、マスタークラスの見学のお申し込みは
facebookページ、お電話、店頭にて、お待ちしております。

珈琲焙煎工房 みさご珈琲
兵庫県宝塚市山本丸橋1-5-31
TEL 090-7694-0335
FAX 0797-69-7291

coffee school site
http://misagocoffee.club

portal site
http://misago-coffee.com

shop site
http://cafe335.shop-pro.jp

cafe site
http://misago-coffee.favy.jp

IMG_4547

2017-01-15 タイの珈琲農園視察報告会をやります!なお、珈琲飲み放題。

こんにちは。
みさご珈琲の向井務です。

今日からお子さんが学校の始業式の方も多いかと思いますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

珈琲塾は今年、大きく舵を切りなおして、
実際の焙煎などを体験していただくなどの内容はそのままに
より入り口の入りやすい講座やセミナー、座談会を行ってまいります。

その第一弾が、タイコーヒーの農園視察メンバによる報告会です。

コーヒーの木を生で見ることも、楽しいことですし、農園主の方と
コーヒーのお話をすることも、タイチェンマイ付近の街のコーヒーや
食事、文化に触れることも、すべてが興味深く、心が喜ぶ旅でした。

そのなかで、日本が昔持っていた優しい気持ちや穏やかな気持ちというものが
タイの下町を歩くと再発見できることもあります。

私は二回目でしたが、今回同行していただいた、コーヒーの先生お二人と
チェンマイに降り立った時に出た言葉は、「日本の昭和の雰囲気」でした。

その後、怒涛の5日間を過ごすわけですが、少しずつですが、世界に向けた
興味の入り口が、ずずずっと開いていくわけです。

タイにいるのに、インドネシアバリ、コスタリカ、シンガポール、台湾、
マレーシア、日本のコーヒーの情報が様々に飛び交い、言語もタイ語、
英語、ドイツ語、日本語の応酬を繰り返すのでした。

私は、言葉がわかりません。日本語も怪しいと思っていますが、
コーヒーの話題って伝えるのが難しいですが、用語がわかりやすいので
「用語」と「何か」でいろいろお話できるわけです。
相手の言葉も、自然と、チカチカと、灯台の光のように頭のなかに入ってきます。

珈琲塾をやっていて思うのですが、珈琲はやはり、文化や言語だと感じます。
共通の文化、共通の言語、きっちり伝える必要はないです、
大まかに伝えることができたり、伝えてもらうことができるのは、
なんと素晴らしいことでしょうか!

鎖国時の日本、少しずつ異国の言葉が「外来語」として伝わってきましたが、
これほど昔から用語として培われ、今も磨きがかかっているのは、
珈琲の特徴じゃないかなと思います。

これから日本の嗜好性や、経済的、文化的な部分がどこに行くのかはわかりません。
でも、珈琲という言語を足場にして、いろんな世界を楽しむのも、
旅としては良いのではないでしょうか?

次はタイと台湾、そしてバリが候補に挙がっています。
タイコーヒージャーニーの報告会とその後の動きについて
ご期待ください!


2016年のコーヒー農園視察のための2度のタイ渡航について、実際のコーヒーを飲みながら座談会を開催させていただきます。

特にタイコーヒーの現状とその周辺地域東南アジアへの期待感、世界的な精製方法、品種などの情報について噛み砕いてお伝えしていきたいと思います。当日は、2017年のタイを初めとしたコーヒー農園視察、海外市場視察の計画についてもお話できればしていきます。
基本フリートークセッションになりますので、好きなことを聞いて、お話してください。
もちろん、焙煎したい方は、横でしていただいても結構です^^

日時:2017年1月15日(日) 15時〜18時
場所:みさご珈琲山本丸橋店
参加費:1000円
持ち物:マイカップ、筆記用具

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。
本年も引き続き珈琲の道を一緒に歩めることを楽しみにしております。

2016年は、菊炭焙煎珈琲、タイコーヒージャーニー、ドラム缶焙煎など
講座以外にもさらに珈琲の世界を探求する動きができました。
これも皆様のご協力のおかげです。ありがとうございましたm(__)m

2017年は、引き続き各分野のステージを上げていくとともに、
本格的に家庭焙煎珈琲やよりパーソナルな珈琲を発見していただける
環境づくりを進めていきます。

珈琲は、世間一般に広くある物ですが、当人による焙煎や抽出を得た珈琲は
何よりも優れています。ただただ、売られている珈琲をいただくという考え方以外にも
自分の感覚や気持ちを優先して、ブレンドや焙煎を行い、日々抽出して
珈琲を楽しむといった姿勢が、これから必要なのではないかと考えています。

具体的には、手網焙煎のレクチャや小型300g焙煎機の開発などを行いますので
興味のある方は是非一緒にやりましょう^^

happy New Year.

Thank you very much during last year.
I am looking forward to continue walking along the way of coffee this year.

In 2016, “Kikusumi” roasting coffee, Thai coffee journey, drum roasting etc.
In addition to the lecture, I was able to further explore the world of coffee.
This is thanks to all of you for your cooperation. Thank you very much m (__) m

In 2017, we will continue to raise the stage of each field,
You can discover home roasting coffee and more personal coffee in earnest
We will promote environmental creation.

Coffee is a thing widely available to the general public, but the coffee who got roasting and extraction by himself
It is better than anything else. Just besides the idea of ​​getting coffee being sold
Prioritize your sense and feelings, blend and roast, extract every day
I am thinking that the attitude of enjoying coffee is necessary from now.

Specifically, we will do the development of a hand-held roasting lecturer and a small 300 g roaster machine
If you are interested let’s do it together ^ ^